読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.

三重県鈴鹿市から仕事の事。興味のある事。鈴鹿の事など自分の為に書いています♪♪

書籍

自分メディアはこう作る ちきりん:著作 を読んで

ちきりん 自分メディアはこう作る ちきりん:著作 を読んで 自分メディア 自分が発信するスタンスをコントロール出来るメディアを育てるための考え方などが多く書かれていた。 いい本だなと思う。 一方で、ちきりん最初の職業選びの中で書いてあった。 大学…

楽天大学学長が教える「ビジネス頭」の磨き方 あなたの成長を加速させる10の視点 仲山進也 著作を読んで

​ 楽天大学学長が教える「ビジネス頭」の磨き方 あなたの成長を加速させる10の視点 仲山進也 著作を読んで 沢山の、成功も失敗を見て来た人だから、脳みその中でビッグデータがあるような経験からなのか。 テクニックについては、一切記述が無い。 本の中に…

グーグル・アマゾン化する社会 森健:著作  不格好経営 南場智子:著作

【読書】コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと 川上量生 著作 コンテンツの定義についての著者の定義を読んで

コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと 川上量生 著作 コンテンツの定義についての著者の定義を読んで スタジオジブリで考えただけにアニメの情報量とはなにかの思索 コンテンツの本質にたどりつく 客観的情報量と主観的情報量という言葉で説明している…

司馬遼太郎 燃えよ剣

司馬遼太郎 燃えよ剣 新選組副長土方歳三を主人公にした小説。それにしても、司馬遼太郎という人が書く人物=主人公は、いきいきとして魅力的な人物ばかりになるね♪♪ まるで、テレビドラマを見ているかのように情景が浮かぶので文字ばかり読んでいる苦痛が起…

連休中のおすすめ絵本 2冊 「くものうえのハリー」「いつでも会える」

「くものうえのハリー」「いつでも会える」 どちらも悲しい どちらも読んだ後、大切な人の事を考える そんな絵本♪♪

5年後メディアは稼げるか 佐々木紀彦 東洋経済オンライン編集長 東洋経済新報社

5年後メディアは稼げるか 佐々木紀彦 東洋経済オンライン編集長を読んで 4ページ:素晴らしいコンテンツを作れる記者編集者はいますですが今後の危機を乗り越えるには良いコンテンツだけでは不十分です 良いものを作れば売れると製造業で考えられるのと同じ…

【読書】生涯最高の失敗 田中耕一:著作 朝日新聞社を読んで 

【読書】生涯最高の失敗 田中耕一:著作 朝日新聞社を読んで 2003年9月25日第一刷発行 1:エンジニアとして生きる2:誠意タイ巨大分子を量る3:対談 挑戦と失敗と発見と(田中耕一 x 山根一眞) 40代でノーベル賞を受賞。サラリーマンがノーベル賞を受賞。 …

読書】ビル・ゲイツ未来を語る ビル・ゲイツ著作 西和彦訳を読んで

本 初版1995年を修正し、ソフトウエアの手法を導入し初版を改訂しアップデートした書籍。 1995年版は読んでいないけど、1997年の本だから1996年から1997年にビル・ゲイツさんが予想した未来について 526ページの本に、沢山のアイデアや自分の考えが記されて…

【読書】ついこの店で勝手しまう理由 博報堂パコ•アンダーヒル研究会編を読んで

この本に出て来た言葉/気になった言葉 エンバイロセル社 トラッキング調査 ビデオ調査 出口インタビュー調査 マーケティングのラスト1マイル=売り場 入り口をコントロールする ランディングゾーン 見せ場/売り場 店のアイデンティティを示す 実店舗の商…

年賀状甲子園 第五回作品集

毎年行われている年賀状甲子園の第五回の作品集が手元に届きました。 アイデア工房さん ありがとうございます♪♪ ぼくは、飛行機の写真と雲の組み合わせの八丈高校の作品がめちゃお気に入りになりました♪♪ 残念ながら三重県の高校の応募がなかったのですが、…

【読書】エチ先生と「銀の匙」の子どもたち奇跡の教室 伊藤氏貴:著を読んで

灘校(なだこう)。その学校の名前だけは知っている。 だけど、アタマのいい人だけがいく進学校だということだろう事以外は まったく想像もつかない自分とは関係ない学校。 そんな学校で、一部の生徒しか受けていないと本に書いてあった特別な授業。 こんな…

【読書】小さな会社のブランド戦略「生き方」と「働き方」が一致するビジネスモデル 村尾隆介:著を読んで

第一章 =================================== 「大好きなお客様」とだけ、お付き合いする時代 ビジネスをひもとけば、そのほとんどが「伝える」ということに関連しています 小さな会社が夢を語る時代 =================================== 自分が思い描いて…

【読書】菊地君の本屋 ヴィレッジヴァンガード物語 永江郎:著を読んで

先日読んだ ヴィレッジヴァンガードで休日を 菊池敬一:著が面白かった(=興味深かった)ので その勢いで買った今回の本 この本の中で出てきた 社員教育 コンセプト クラスショップ 多店舗化 売れないものを売らなければ成り立たない。 専門書店はキライ の…

【読書】ゆるすということ ジェラルド•G•ジャンポルスキー著 大内博訳を読んで

なんとなく、最近はあまり何も悩み無く行きているようでこの手の本は読んでいなかった。 副題みたいに書いてある「もう過去にはとらわれない」 これがこの本で最大のキーワードかな?と感じた。 最近、キャッチコピーで「こだわりの○○」というのがあっても響…

【読書】ヴィレッジヴァンガードで休日を 菊池敬一:著を読んで

2013年7月現在 会社概要をHPで見ると。。。 な なんと! 設立 1998年5月 (創業 1986年11月) 売上高 429億4200万円 (同上) 経常利益 35億1400万円 (同上) 当期利益 15億5300万円 (同上) 従業員数 正社員354名+臨時雇用者2,572名 店舗数 390店舗…

【読書】実践 儲かる会計•儲からない会計 造事務所:著を読んで

【読書】実践 儲かる会計•儲からない会計 造事務所:著を読んで 「儲かる会計」=管理会計。 「儲からない会計」=財務会計 28才の大手アパレルメーカーに勤務する山中正一。 29才の新々アパレルメーカーに勤務する広野昌太。 をメインに漫画みたいな感じで…

【読書】本を売る現場でなにが起こっているのか!? 雷鳥社 を読んで

2007年10月発行 第二刷を2013年になって読んだこの本。 全体的に、インターネット専業の本屋さんが通信販売で(この本の時期はこうだったんですね。今は翌日が多い) 2~3日で届くのに街の本屋さんにお願いすると、いったいいつ手に入るかわからないくらい…

【読書】統計でウソをつく法 数式を使わない統計学入門 ダレル•ハフ著 高木秀玄訳を読んで

1968年7月24日第一刷発行で中古本で手に入れた本である手元にあるこの本が 2009年2月13日第82刷のものということにちょっと驚いたこの本。 良い本は、長い時間経過しても色あせないだなぁ~♪♪ タイトルはまったく古さを感じさせないが、さすがに本の中に書…

【読書】ゴキブリだんごの秘密 なぜ売れるのか?なぜ高収益か? 松岡浩:著を読んで

ゴキブリだんご という商品を知らなかったけど、世の中にいろんな商品/会社が沢山あるんだな~ たにがわ

【読書】わたしの「お客様哲学」イビサの45年吉田茂自伝を読んで

【読書】酒屋の群像 丸本智也:著 を読んで

【読書】酒屋の群像 丸本智也:著 を読んで 掛井 成章(掛井酒店) 重富 寛(重富酒店) 浅野 雄太(浅野酒店) 梅壽 潔(壽屋) 山﨑 幸雄 (升新商店) 土居 亨(旭鳳酒造) 石川 達也(竹鶴酒造) の7人の侍ならぬ、7人のお酒にかかわる人達をインタビ…

【読書】新聞•テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか 上杉隆:著 を読んで

PHP新書 ISBN 978-4-569-80282-4 はじまりに書かれていた >----------------------------------- 私がジャーナリストを休業する決意を固めたのは、東日本大震災ならびに福島第一原発事故がおこった「3.11」の直後だった。 マスメディアによる「ウソ」がこれ…

絵本 いつでも会える 菊田まりこ:著

【読書】電子書籍元年 iPad&キンドルで本と出版業界は激変するか?を読んで

【読書】電子書籍元年 iPad&キンドルで本と出版業界は激変するか?を読んで 田代真人:著 インプレスジャパン 電子書籍について、自炊してiPadで読む人がいて スキャン代行サービスが 違法かどうか? 議論になっているのをテレビで見た事がある程度で 何も、…

【読書】乗ろうよ!ローカル線 貴重な資産を未来に伝えるために 浅井康次:著を読んで

【読書】乗ろうよ!ローカル線 貴重な資産を未来に伝えるために 浅井康次:著を読んで 感想はさておき 各地で行われている活動をピックアップ H22年に書かれた本 最近のニュースでは、ぬれ煎餅で有名になった 銚子電鉄の経営悪化などもあった。 近鉄八王子…

【読書】この18社に見つけた! 顧客満足を生み出す仕組み 瀬戸川礼子:著 同友館 を読んで

この18社に見つけた! 顧客満足を生み出す仕組み 瀬戸川礼子:著 同友館 を読んで カバーの裏面に書いてあるまえがきから抜粋された文章 >----------------------------------- どんなに経営環境の厳しい時代でも、見渡せばなお業績を上げている企業があるも…

ねむりひめ NHK出版

朝のNHK連続ドラマ 純と愛のオープニングにも出てくる ねむりひめの絵本:荒井 良二:絵を購入。

【読書】マキコミの技術 コグレマサト いしたにまさき:共著を読んで

インプレスジャパン 2010年12月21日初版発行 読んだ事があるブログ「ネタフル 」のコグレマサトさんと 読んだことがなかった(^^; 「みたいもん 」のいしたにまさきさんの本 マキコミの技術の本です。 第二章 コツコツ「継続」がソーシャルメディアの土台…

【読書】Yahoo!BB 顧客満足度復活への軌跡マイナスからの挑戦を読んで

コンピューターテレフォニー編 鈴木信之/大谷聖治共著 2005年3月25日第一版 YahooBBカスタマーコールセンターを中心にした話の本です。 この本の中で、 >----------------------------------- 既にコールセンター運営経験の長い金融や外資系企業のセ…

【読書】もてなしの心赤坂「津やま」東京の味と人情 野地秩嘉:著を読んで

読んでから2週間程度たつので、すでに忘れ気味ですが(^^; 本で紹介されていたこのお店のご主人の修行した銀座のお店「わたき」 そして、赤坂にある今回紹介されているお店「津やま」。 三重県に住んでいる僕自身が食べに行く場所ではないし、 東京の味…

【読書】一流たちの修行時代 野地秩嘉:著作 光文社新書 を読んで

※あらら。。。 今までの読書感想文で著者名を書き間違いしていることに今頃期がついた。。。 この本、15人の方の修業時代について 書いてある本ということで 登場するのは 柳井 正:株式会社ファーストリッティリング会長兼社長 塚越 寛:伊那食品工業会長…

【読書】電話サポートをやめたら、みんな幸せになれた 横山正著作を読んで 明日香出版社

>----------------------------------- p116 NHKクローズアップ現代、2006年四月24日放映「コールセンター急増の舞台裏」より ここで書かれている内容 まさしく 「督促OLのトホホ日記」と同じだと思った。 >----------------------------------- そして、当…

【読書】督促OL修行日記 榎本まみ 文藝春秋 を読んで

この書籍は、ネットショップの方が読書感想文を書いてくれていて 自分でも電話対応に出ていて、年に数回ほど心がポキッと折れてしまう出来事があるので どうしても読みたくて 新書で購入しちゃった。 内容は、自分にとってはずれなしであった。 と同時になん…

サービスの達人たち 日本一の秘書 野地秩嘉:著作 新潮新書を読んで

前回の本を「サービスの達人たち」を読んで気に入ったので シリーズらしき本を購入し、読みました♪♪ 今回の本では、 日本一の秘書である カレーハウスココ壱番屋の秘書 約4万人の顧客の顔と名前を覚えているホテルのドアマン という職業での達人の事が書い…

世襲議員のからくり 上杉隆著作を読んで

国政選挙が目の前ですが、 投票前に是非 一度読んでおきたい一冊です。

「そ•わ•か」の法則 小林正観:著作 サンマーク出版 を読んで

20代の時に読んだら あやしく感じて途中で読まなくなったと思う。そんな本です(^^; 40代の今は、「そんな気がする時もあるね」と思える内容の本でした。 第1章 そ•わ•かの「そ」 掃除でお金が流れ込む 第2章 そ•わ•かの「わ」 わらいは人生を肯定…

【読書】サービスの達人たち 野地秩嘉:著 新潮文庫 を読んで

本をポケットなどに入れていたためボロボロになってしまったが(^^; いい本にめぐりあった♪♪ この本の中で印象に残っているところ ロールスロイスを売り続ける男の章で出てくる二つ >----------------------------------- 一台数千万の高級車を販売する人…

【読書】どんな仕事も楽しくなる3つの物語 福島正伸:著 きこ書房を読んで

この本の中で出てくる 駐車場の管理人のおじさん タクシーの運転手さん ペンキ屋さん 作り話なのか 本当の話なのかわからないほど 出来過ぎな話が書いてあったのだけど 本当にあったらステキな話だなぁ~ と想いつつ 自分はまだまだ、出来てないなぁ~と反省…

【読書】高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 著:勝間和代 小学館新書

【読書】高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 著:勝間和代 小学館新書 本に書いてあった部分 ここから>>> この本は「頭がいい」といわれている人達の共通の秘密をまとめた本です。 銘柄大学を卒業した「成績の良い」社員が、閉塞状況を打ち破…

【読書】おまけより割引してほしい-値ごろ感の経済心理学 著者:徳田賢二 ちくま新書を読んで

【読書】おまけより割引してほしい-値ごろ感の経済心理学 著者:徳田賢二 ちくま新書を読んで これも読んでから 感想を書くまでに時間があいちゃったので感想も少なめです(^^; この本に出て来た言葉などなど マズローの欲求階層説 おまけより割引の方が…

【読書】「宝くじは、有楽町チャンスセンター1番窓口で買え!」は本当か?お金で公開しないための経済学 著者:山本御稔 ソフトバンク新書 を読んで

【読書】「宝くじは、有楽町チャンスセンター1番窓口で買え!」は本当か?お金で公開しないための経済学 著者:山本御稔 ソフトバンク新書 を読んで 読んでから感想を書くのに間があいてしまったので 細かな内容をほぼ忘れた(^^; 経済学の話の本なのに、…

【読書】日本の「食」は安すぎる 山本謙治:著を読んで

【読書】日本の「食」は安すぎる 山本謙治:著を読んで 僕自身は、美食家でも食通でもなく、食べられるだけでありがたいという味音痴です。 そんな自分が、(まさしく遊びレベルですが)自分で野菜を育てたりしたことで、 たった一つの野菜がどれほど時間や…

【読書】けいざい心理学 「気分」と「直感」で経済は動く 日本経済新聞社編を読んで

【読書】けいざい心理学 「気分」と「直感」で経済は動く 日本経済新聞社編を読んで カンタンに読むなら 最初のキッカケとして読むのに最適な2ページから3/4ページ程度で 次々に、小さなまとまりで読んで行く事ができる本です。 先に、読んでいた本の方が詳…

【読書】商売の原点 鈴木敏文著 講談社 を読んで

【読書】商売の原点 鈴木敏文著 講談社 を読んで 最近、読書がすすんでいないな(^^; この本を読んでいて 一番残っている部分 第三章の中にあった >----------------------------------- ロイヤルティを感じるのはどういう時か >------------------------…

【読書】おまけより割引してほしい-値ごろ感の経済心理学 徳田賢二:著を読んで

おまけより割引してほしい-値ごろ感の経済心理学 徳田賢二:著を読んで ※というか 読んでる最中です(^^; 値ごろ感ってなんだろう? おまけより割引してほしい 棚ぼたの好ましさ うまい、やすい、はやい 売れるものにはワケがある ベストセラーの秘密 ど…

風の旅行社物語 原優二:著を読んで

激安ツアーの裏側 悲しい過当競争の激安ツアー >----------------------------------- 今、日本人のツアーででは「市内観光」といっても主な観光地は含まれていません。なぜなら、観光地で入場料がかかるところは赤字が増えるのでいけないのです。バスもバス…

【読書】鈴木敏文の「統計心理学」 勝見明著を読んで

【読書】鈴木敏文の「統計心理学」 勝見明著を読んで 制約条件固定型から制約条件開放型へ 顧客の「琴線」にふれなければ「金銭」を手にいれることはできない 「先行情報」をもとに「仮説」をたてPOSで「検証」する POSなど入れようと思えば、どの会社も入れ…

【読書】本物の経営 大変革期を乗り切る指針 船井幸雄:著を読んで

【読書】本物の経営 大変革期を乗り切る指針 船井幸雄:著を読んで 本屋さんでビジネスのコーナーなんかに行くとドドーンと沢山並んでいたような記憶があるものの 全く読んだ事が無かった。船井幸雄著作本。 なんで買ったのか 忘れてしまったが、買って読ん…

【読書】軍師二人 司馬遼太郎:著 を読んで

【読書】軍師二人 司馬遼太郎:著 を読んで 司馬遼太郎作品といえば、経営者に限らず読書好きの人が 読む機会が多いと思いますので 特に感想書いてもしょうがないですが 自分の記録のために♪♪